TOP > 公演情報一覧 > もみじ寄席 〜伸治・宮治 親子会〜

もみじ寄席 〜伸治・宮治 親子会〜

10月17日(土) 開場12:30 開演13:00
全席指定 2,000円
---------------

 〇 安全に配慮した公演をお届けします 

桂宮治(品川区出身・在住)
令和3年2月
真打昇進決定!

 "桂宮治"と"桂伸治"の親子会 

 太神楽と和風マジックの「和妻」もお楽しみに♪ 

 

[ご来場にあたって] ←ここをクリック
※安心して公演をお楽しみいただくために、ご一読ください。

20201031-letsmeet


好評発売中! 

<賛助会員先行予約受付期間>
8/24(月)
〜8/28(金) 平日9:00〜17:00
 ※電話予約のみ TEL:03-5479-4112
賛助会員について、詳しくは下記をご覧ください。

http://www.shinagawa-culture.or.jp/hp/page000004000/hpg000003959.htm


【チケット発売方法】
<販売窓口>
9:00〜
 ・きゅりあん(JR大井町駅前)
 ・スクエア荏原(東急目黒線 武蔵小山駅徒歩10分)
 ・メイプルカルチャーセンター(JR西大井駅前)
 ・O美術館(JR大崎駅前) ※発売翌日以降は10:00〜
10:00〜
   ・しながわ観光協会(大井一丁目共同ビル1F) 

<電話予約>10:00〜
 ・チケットセンターCURIA(キュリア) ※発売翌日以降は9:00〜
  TEL:03-5479-4140 

<インターネット予約>9:00〜 
  ・品川文化振興事業団ホームページ ※発売翌日以降は24時間受付
     チケット購入はこちら  のバナーをクリックしてください。 

※電話予約では座席の選択はできません。
※未就学児入場不可。
※窓口でのお支払いに、区内共通商品券がご利用いただけます。

 

出演者紹介
出演者
桂伸治

明るい高座とそのルックスの良さ?が、噺にも活かされており、「古典落語の正統派」として各寄席を基盤に活躍中。
根っからの職人気質でテレビなどの露出は少ないですが、寄席や落語会など、その聴きやすい語り口には定評あり。

昭和49年(1974年)4月 二代目桂伸治(故十代目文治)に入門
            前座名:桂平治
昭和54年(1979年)4月 平治のまま二ツ目昇進
平成元年(1989年)4月  真打ち昇進「三代目桂伸治」を襲名



出演者
桂宮治
平成20年(2008年)2月 桂伸治門下として二月下席より浅草演芸ホール楽屋入り
平成20年(2008年)3月 浅草演芸ホールにて初高座「子ほめ」
平成24年(2012年)3月 下席より二ツ目昇進
平成24年(2012年)      NHK新人演芸大賞 大賞受賞 ※他多数受賞あり
令和  3年(2021年)2月 真打昇進予定!!


出演者
ボンボンブラザース(太神楽)

日本の古典曲芸とドイツ式ジャグリングをミックスさせたスマートでモダンな笑いのある曲芸。
誰が見ても楽しい舞台をテーマに、稽古でさらに技をみがき洗練された曲芸師を目指す毎日。
社団法人落語芸術協会の会員で毎日寄席で活躍中。

鏡味 勇二郎 昭和30年(1955年) 鏡味時二郎に入門
鏡味 繁二郎 昭和35年(1960年) 鏡味時二郎師に入門

昭和37年(1962年) 1日10時間ぐらいの稽古、稽古の毎日で昭和37年(1962年)1月1日にボンボンブラザース結成。



出演者
北海翼(和妻)

和妻とは日本に古くから伝わる伝統的な手妻(手品)で日本手妻の略、世界で唯一の和妻の大名跡「養老派」を継承している。
一枚の白紙で紙の蝶を作り扇子の風でもって扱う「浮かれの蝶」「胡蝶の舞」
こよりで固く結んだ親指同士、縛られたまま柱や日本刀、輪っかに通してしまう北海のお家芸「サムタイ(柱抜き)」
釣り竿で客席より生きた金魚を釣り上げる「空中金魚釣り」
空の箱からまりや傘などを取り出す万倍芸「宝箱(日本蒸籠)」。そして養老派秘伝の「ノッポリ」など。
優雅で甘美な「和」の世界は観るものを虜にする。

その他、マジシャンとしても活躍中。