TOP > 公演情報一覧 > N響メンバーによる弦楽四重奏〜魅惑の室内楽inスクエア荏原〜

N響メンバーによる弦楽四重奏〜魅惑の室内楽inスクエア荏原〜

11月21日(木) 開場18:30 開演19:00
2,800円
---------------

N響メンバーによる弦楽四重奏を久しぶりにスクエア荏原で開催します。
珠玉のハーモニーに酔いしれるひと時をお届けします。

【出演】 藤森亮一(チェロ) 大林修子(ヴァイオリン) 三又治彦(ヴァイオリン)
     坂口弦太郎(ヴィオラ)

【曲目】  ハイドン:弦楽四重奏曲第62番ハ長調「皇帝」
      ハイドン:セレナード
      ボロディン:ノクターン
      チャイコフスキー:アンダンテ・カンタービレ 
      ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲第12番へ長調「アメリカ」

★賛助会員先行予約対象★

好評発売中!

【チケット発売方法】
・販売窓口 9:00〜  スクエア荏原(東急目黒線武蔵小山駅徒歩10分)
             きゅりあん(JR大井町駅前)
             メイプルカルチャーセンター(JR西大井駅前)
              O美術館(JR大崎駅前)*O美術館は販売翌日以降10:00〜             

      10:00〜  しながわ観光協会 (大井一丁目共同ビル1F)

・電話予約 10:00〜  チケットセンターCURIA(キュリア):
                電話03−5479−4140
                          *販売翌日以降は9:00〜

・インターネット予約 9:00〜 (公財)品川文化振興事業団ホームページ
                                                       *販売翌日以降は24時間受付                
          
          「チケット購入はこちら」のバナーをクリックしてください。


*電話予約では座席をお選びいただけません。
*発売初日の購入はお1人様6枚までです。
*窓口でのお支払いに区内共通商品券がご利用いただけます。
*未就学児は入場いただけません。

出演者紹介
出演者
藤森 亮一  (チェロ)

 京都生まれ。京都市立堀川高等学校音楽科、東京音楽大学を経てミュンヘンに留学。
第29回文化放送音楽賞、第52回日本音楽コンクール第1位、第21回東京国際音楽コン
クール弦楽四重奏部門・斎藤秀雄賞、第26回京都府文化賞功労賞などを受賞。
1987年NHK交響楽団に入団。これまでに徳永兼一郎、上村昇、河野文昭、ワルター・
ノータスの各氏に師事。
 現在、NHK交響楽団首席チェロ奏者を務める傍ら、モルゴーア・クァルテット、ボア・
ヴェール・トリオ、チェロ四重奏のラ・クァルティーナのほか数多くのアンサンブルや、
リサイタル、コンチェルト等ソロ奏者としても活躍。モルゴーア・クァルテットとして
1998年村松賞、2011年アリオン賞、2017年JXTG音楽賞を受賞。また、東邦音楽大学
特任教授、国立音楽大学客員教授、東京藝術大学非常勤講師を努め、更新の指導にも当
たっている。



出演者
大林 修子  (ヴァイオリン)

長野県松本市出身。3歳より才能教育/スズキメソードにてヴァイオリンを始める。小学6
年の時、民間放送主催「子ども音楽コンクール」において全国第1位、文部大臣賞を受賞。
高校2年より徳永二男氏に師事。東京藝術大学で田中千香士氏に師事。在学中「第50回毎
日音楽コンクール」第3位入賞。文化庁主催の「第26回海外派遣コンクール」にて松下賞、
イタリア ジェノヴァにおける「パガニーニ国際音楽コンクール」にて特別賞を受賞。
 1989年、NHK交響楽団に入団。現在はN響第2ヴァイオリン首席奏者を務めるほか、N響
メンバーによる室内合奏団「アンサンブル・オブ・トウキョウ」のコンサートマスターや、
インゴ・ゴリッキー(オーボエ)、パウル・バドゥラ=スコダ(ピアノ)らと共演するな
ど、室内楽奏者またソリストとしても活躍している。2017年、NHK交響楽団より有馬賞
を受賞。



出演者
三又 治彦  (ヴァイオリン)

 宮城県出身。桐朋学園音楽学部演奏学科を優秀な成績で卒業。これまでに勅使河原真実、
辰巳明子、堀正文の各氏に師事。2005年、ライプツィヒ室内管弦楽団と共演。2006年に
NHK交響楽団に入団。室内オーケストラARCUS(アルクス)のメンバーも務める。
 2008年には「ハマのJACK」(現在は特定非営利活動法人)を仲間とともに立ち上げ、
未来の音楽家支援プロジェクト「金の卵ソリストオーデション」、家族で楽しめる音楽プ
ロジェクト「みなとみらい遊音地」、子どもや障碍者が楽しめる地域コンサート「クリス
マスキャロル」やワークショップ等、地域社会に根ざしたクラシック音楽普及活動に精力
的に取り組んでいる。現在HPO法人はまのJACK理事長、NHK交響楽団第2ヴァイオリン次
席奏者。



出演者
坂口 弦太郎 (ヴィオラ)

 大阪府堺市生まれ。3歳よりヴァイオリンを始め17歳でヴィオラに転向、東京藝術大学、
同大学院修士課程修了。第9回日本室内楽コンクール第3位入賞、および奨励賞受賞。
 2000年大学院在学中にNHK交響楽団に入団。現在、N響の活動の他、様々なプロオーケ
ストラへの客演首席、「アペルト弦楽四重奏団」、高橋希とN響メンバーによる室内楽団
「スぺランツァ」のメンバーとしてほか、日本全国でNHKカジュアル・クラシックコンサ
ート、TV、ラジオ出演、アーティストのサポート録音などジャンルの垣根を越えて演奏活
動を行い、ヴィオラの伝道師としてその魅力の啓発活動も行っている。
 弦楽四重奏による「ドラゴンクエスト」、N響メンバーによる「ゴルドベルク変奏曲」を
始め多くの室内楽のアルバムをリリースし、オーディオファイルのサイトにて優秀録音に
選ばれる等、各方面より注目を浴びている。