TOP > 公演情報一覧 > 蝋燭能 〜みちのく鬼女伝説〜

蝋燭能 〜みちのく鬼女伝説〜

2月4日(土) 開場13:30 開演14:00
2017年2月4日(土) 開場 13:30 開演 14:00
全席指定 4,500円
きゅりあん8F大ホール

揺らぐ灯りの中で、幽玄の能が舞われます。 

【演目】

仕舞  「山姥」  ・・・・・ 観世喜之

狂言    「附子」  ・・・・・ 野村萬斎

蝋燭能  「安達原」   ・・・・・  小島英明

※冒頭に小島英明によるみどころ解説があります。



チケット好評発売中!!



【チケット発売方法】
・販売窓口 9:00〜  きゅりあん(JR大井町駅前)
            スクエア荏原(東急目黒線武蔵小山駅徒歩10分)
            メイプルカルチャーセンター(JR西大井駅前)
      10:00〜 O美術館(JR大崎駅前)

・電話予約 9:00〜   チケットセンターCURIA(キュリア)
                                 03-5479-4140  

・インターネット予約
        24時間受付 品川文化振興事業団ホームページ 
                          http://www.shinagawa-culture.or.jp/ 
                                          イープラス 
                                          http://eplus.jp/sys/main.jsp


※電話予約では座席をお選びいただけません。
※未就学児のお子様入場はご遠慮ください。
※託児はありません。


          


       

出演者紹介
出演者
観世喜之
観世喜之(かんぜよしゆき)
観世流シテ方。1935年生。観世銕之丞家分家、観世喜之家当主。父・先代喜之に師事。東京・新宿(神楽坂)の矢来能楽堂を中心に、東京・名古屋・大阪で観世九皐会を主宰。全国各地に多数の門弟を率いている。平成14年度文化庁芸術祭優秀賞受賞。平成17年日本芸術院賞受賞。重要無形文化財総合指定保持者(日本能楽会会員)。(公社)観世九皐会理事長。(公社)能楽協会会員。


出演者
野村萬斎
野村萬斎(のむらまんさい)
和泉流狂言方。1966年生。野村万作の長男。祖父故六世野村万蔵及び父に師事。3歳で初舞台。国内外で狂言の普及を目指す一方、新しい演劇活動にも意欲的に取り組む。芸術祭新人賞、芸術選奨文部科学大臣新人賞、朝日舞台芸術賞、紀伊国屋演劇賞、芸術祭優秀賞等多数受賞。世田谷パブリックシアター芸術監督。著書に「萬斎でござる」「MANSAI◎解体新書」(朝日新聞社)「狂言三人三様野村萬斎の巻」(岩波書店)「狂言サイボーグ」(文春文庫)など。東京芸術大学音楽学部卒業。重要無形文化財総合指定保持者(日本能楽会会員)。(公社)能楽協会会員。


出演者
小島英明
小島英明(こじまひであき)
観世流シテ方。1970年生。観世喜之に師事。祖父・曙光は先々代喜之、伯父・芳雄は先代喜之に師事した能楽師で、幼少より能に親しむ。東京を中心に地方公演のみならず、海外公演にも多数参加。各地にて薪能・ろうそく能などの公演を企画・実施。また、優しく解りやすい「能楽講座」を全国各地にて多数開催。平成22年自宅舞台(東京都中野区)を再建し、「小島能舞台」として活動の拠点とする。著書『恋する能楽』(東京堂出版)。学習院大学法学部卒。重要無形文化財総合指定保持者(日本能楽会会員)。(公社)観世九皐会会員。(公社)能楽協会会員。