TOP > 公演一覧 > 過去の公演 > 
2016年 2015年 2014年 2013年

2015年の公演レポート

2009年 2008年 2007年
新春きゅりあん寄席 三遊亭円楽 林家たい平  二人会 1月8日   きゅりあん8F大ホール

 出演者

 演 目 

 三遊亭わん丈

強情炙

 三遊亭円楽

藪入り

 林家あずみ

三味線漫談

 林家たい平

不動坊

毎年恒例の新春きゅりあん寄席
今年も満員御礼のお客様で会場は賑わいました。
笑点でおなじみの円楽さんとたい平さんの落語や三味線漫談に
会場は大盛り上がり。
新春の初笑いを満喫しました。

 

レ・フレール 4-Quatre in SHINAGAWA 2月14日   きゅりあん8F大ホール
1台のピアノを二人で変幻自在に操る独自のプレイスタイルで
観客を魅了するレ・フレール
四手ならではの躍動感溢れる迫力のステージに会場は、大興奮!!
親子連れで、レ・フレールのライブを堪能するお客様の姿も
見受けられました。
情熱的に、時に繊細に展開する二人の演奏に会場の熱気は最高潮に♪
ラストはスタンディングオベーションと拍手の嵐に包みこまれました。
ステージと観客の一体感を強く感じられたコンサートとなりました。
(公財)品川文化振興事業団協賛  Gakken 親子で楽しむ Kids meet Music! 〜フェスティバル2015 in きゅりあん〜 5月24日   きゅりあん8F大ホール

“夢と楽しさを与えてくれる、子どもと感じる本物の音楽!”をキーワードに開催された親子向けコンサート。
「ドレミの歌」、「ABCの歌」、ディズニーからジブリの名曲などお馴染みの楽曲が、本格的なジャズやラテンのリズムで演奏されました。
「完売御礼」の会場は、リズムに乗る親子の熱気で溢れ、大盛り上がり♪
当日、同時開催されたワークショップでは、タップや英語、アフリカンダンスなど多彩なプログラムが展開され、親子で満喫できる公演となりました。

眠りの森の美女 キエフ・クラシック・バレエ 7月18日   きゅりあん8F大ホール

バレエの本場ロシアからキエフバレエが来日し、ディズニー映画や絵本でもおなじみの「眠りの森の美女」を上演。

力強くも繊細でとても華やかな舞台となり、バレエファンはもちろんの事、親子連れをはじめ初心者でも楽しく鑑賞できました。

なかでもプリマバレリーナのエレーナ・フィリピエワの演技は圧巻!の一言で、思わず見とれてしまいました。

 

南佳孝・尾崎亜美・杉山清貴 サマージョイントコンサート 7月25日   きゅりあん8F大ホール

このメンバーでのジョイントは初めてとなるコンサートは、3人のハーモニーによるビートルズの曲でスタート♪

続いてソロステージ。
杉山さんは以前下神明に住んでいたことがあり、大井町には馴染みがあると嬉しいお話。「ふたりの夏物語」など夏のナンバーが、アコースティックギターと爽やかで伸びのあるハイトーンヴォイスで披露されました。
来年デビュー40周年を迎える尾崎さん。ビアノを弾きながら感情豊かに歌われる「オリビアを聴きながら」に観客は引き込まれました。
そして南さんの貫禄あるステージ。「モンローウォーク」で会場は大盛り上がり。南さんのギターテクニックと味わい深い歌声に観客は酔いしれていました。

最後は再び3人のコラボレーション。シティポップを代表するベテランアーティストによる真夏の夜のジョイントコンサートに満員の客席は大盛り上がりでした。 

吉田兄弟 15周年記念コンサート 三味線だけの世界 8月1日   きゅりあん8F大ホール
津軽じょんがら節を始め、激しくも細かい演奏技術に圧巻の一言でした。

アンケートでも感動した!かっこよかった!最高です!是非また見たい!等絶賛の声が多数で、とても好評でした。

日本の文化である三味線の魅力を存分に味わえる公演となりました。
午後の音楽会〜オーケストラで聴くジブリ音楽〜 8月23日   きゅりあん8F大ホール

<プログラム>
君をのせて(天空の城ラピュタ)/いのちの記憶(かぐや姫の物語)/いつも何度でも(千と千尋の神隠し)/となりのトトロ(となりのトトロ)/世界の約束(ハウルの動く城)/風の谷のナウシカ(風の谷のナウシカ) 他

16名のN響団友オーケストラによる生演奏と、実際に劇中で主題歌や挿入歌を歌われた井上あずみさん、木村弓さん、二階堂和美さんの澄んだ歌声で、ジブリの名曲の数々が披露され、美しい音色と歌声に癒されるコンサートとなりました。

「映画やCDで聴いていた曲を生で聴けて感動した」「オーケストラの演奏は迫力があった」「主題歌を歌った本人の歌声を聴けて名シーンがよみがえった」など多くの感想をいただきました。

ズーラシアンブラス 音楽の絵本 〜チェンバーオーケストラ〜 9月13日 9月13日(日) 開場 14:15 開演 15:00   きゅりあん8F大ホール

今回の公演から結成された弦(つる)うさぎを含むチェンバーオーケストラ♪

23人編成の 可愛い動物達が繰り広げるコンサートは、大勢のお客様でにぎわいました。「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」「おぼろ月夜」「Let It Go」といった多彩な演奏の合間に、動物達が子ども達に手を振ったり、愛らしいしぐさを見せる様子も好評でした。

終演後は、ロビーに動物達が現れるとあちらこちらで写真撮影が繰り広げられました。 

親子で見て、聞いて楽しめる心温まるコンサートとなりました。

 

品川区民芸術祭2015 Dream Stage 東京吹奏楽団inしながわ 10月25日   きゅりあん8F大ホール

第一部の組曲「しながわ物語」では、公募による区内小中高生がプロと共演する夢のステージが行われました。この日のために練習してきた成果を発揮し、素晴らしい演奏を聞かせてくれました。
また、スペシャルゲストにスーパーエキセントリックシアター(SET)の劇団員が登場し、歌や踊りで舞台に華を添えました。

第二部では東京吹奏楽団による幅広いジャンルの曲が演奏され、観客と一体となり盛り上がりました。

一部・二部を通じてのナビゲーターである青島広志さんの解説もとても好評で、アンケートでも元気をもらえた!青島さんのわかりやすい説明がとても良かった!との声をいただきました。

品川区民芸術祭として、素晴らしいステージになりました。

古典の日記念 品川能楽鑑賞会 「殺生石・女体」 10月30日   ---------------

大崎にある喜多能楽堂で行われた本公演。

第1部は、能の鑑賞の仕方や能についてのお話を、司会の葛西氏の進行でわかりやすく解説をしていただきました。
能を鑑賞する時は、想像力を持って各々の感性で楽しんでくださいというお話が印象的でした。

第2部の殺生石は、その昔、天竺、唐、日本と三国にわたって悪事をなした妖狐が、那須野で打ち果された故事を題材とした演目です。
今回は妖狐を傾国の美女として造形する「女体」という演出での上演でした。
初めて能を鑑賞される方にもわかりやすく、見どころ溢れる内容だったと思います。

凛とした空気の中、煌びやかな衣装を身に纏った能楽師の美しい所作に観客は引き込まれました。
能舞の後ろで奏でられる地謡と和楽器の音色は、力強く、迫力を持って堂内に響きます。

一時、浮世を離れ神聖な世界に身を投じられる舞台。日本の伝統文化の奥深さを改めて感じられる公演でした。
品川区内にこのような由緒ある能楽堂があることを、多くの方に知っていただきたいです。

フレッシュ名曲コンサート 大友直人&新鋭チェリスト伊藤悠貴〜スラブの旋律〜 11月7日   きゅりあん8F大ホール

<プログラム>
ドヴォルザーク/チェロ協奏曲 ロ短調 作品104
チャイコフスキー/交響曲第5番 ホ短調 作品64
[アンコール曲] グリーグ/「ホルベルク組曲」より前奏曲

大友直人さんの指揮、東京交響楽団の管弦楽による「フレッシュ名曲
コンサート」。新進演奏家には、ロンドン在住で欧州や米国で高い評価
を得ている新鋭チェリスト、伊藤悠貴さんを迎えました。

力強く且つ流れるような指揮と迫力あるオーケストラの演奏、チェロの
美しい音色・豊かな表現力が調和し、息の合った演奏となりました。
伊藤さんは日本での活動も増え、今後の活躍がますます期待されます。


〜フレッシュ名曲コンサート〜
身近な地域でクラシック音楽等の名曲を気軽に聴いていただくこと、
新進音楽家の育成を目的に、(公財)東京都歴史文化財団と都内区市町村
等との共催で開催しています。

親子で楽しむコンサート&影絵劇 『100万回生きたねこ』 11月28日 11月28日(土) 開場:14:00  開演:14:30     きゅりあん8F大ホール
ピアノ、チェロ、ヴァイオリンによるミニコンサートと、生演奏をバックに繰り広げられる影絵劇「100万回生きたねこ」の公演でした。

第1部は、美しい色彩の影絵を背景に情緒あふれる演奏。光と音色のハーモニーが胸に響きました。
【プログラム】
花のスウィング/ポルカ/白鳥/スカボローフェア/そりすべり/白銀の月よ

第2部は、100万回生きたねこの音楽影絵劇。
100万回生きて100万人の飼い主に愛されたけれど、誰のことも大嫌いだった猫が、白い猫に出会い本当の愛を知る物語。感動的なお話に涙するお子様の姿も。

終演後は、影絵劇団かしの樹の方々が、ロビーに出てお見送りをしてくださいました。みなさん写真を撮ったり握手をしたりと触れ合いの時間を楽しまれていました。
クミコ スペシャルコンサート 2015 12月12日   きゅりあん8F大ホール
NHKドラマ劇中歌「広い河の岸辺〜The Water Is Wide〜」、つんく♂作曲プロデュースによる「うまれてきてくれて、ありがとう」が
話題となったシャンソン歌手クミコによるコンサート♪

鮮やかな真紅のドレスで登場し、
感情表現豊かに、エネルギッシュに歌いあげる姿が印象的でした。

シャンソニエの老舗・銀座「銀巴里」で歌っていた頃からのファンであるお客様も訪れるなど、多くのお客様が抜群の歌唱力に魅了された一夜となりました。